本文へジャンプ メニューへジャンプ

白寿の杜通信

お問い合わせ メールでのお問い合わせ

8月 壁紙を作成しました☆

8月に入りました!
じっくりがまんのこの猛暑。お元気にされていますか?
夏の昼下がり、風鈴の「チリンチリン」という音を聞くと暑さが和らぐ気がしますね。古くより、音の出るものは人類に重要な役割を果たしていたと考えられるそうです。音を鳴らすことにより害獣より農作物や自らの身を守ったりする道具として、使用され、これが時とともに魔物や邪気をはらう神聖な道具となっていったそうです。熱中症などの高温による病が心配される昨今、風鈴の音で気分的に涼気をとるだけでなく、エアコンを適正に利用して暑い夏を乗り切って行きましょう!


通所リハビリの壁紙です。
今回は、ハイビスカスのお花を作りました。ハイビスカスは南国のトロピカルなイメージを代表する植物で、夏の花と思われがちですが、実は春から秋までの長い期間、楽しめます。お花は通常、朝開いて夜に閉じて1日で終わってしまいますが、最近は1つの花が2~3日咲くハイビスカスも出ているそうですよ。赤色とオレンジ色の画用紙を花びらの形に切り、5枚貼り合わせて作っています。葉っぱは1枚ずつ、ギザギザに切っていて、とても細かいですね~。赤にオレンジ、緑とで色鮮やかな、ギラギラとした夏にぴったりです!!

ここからメニューへ ここからサブメニューへ