本文へジャンプ メニューへジャンプ

白寿の杜通信

お問い合わせ メールでのお問い合わせ

3月 壁紙を作成しました☆

3月に入りました!
いよいよ冬も終わり、本格的に春の訪れを感じる時期ですね。冬の寒さを乗り越えて芽をだす新緑や、にぎわいだす花や虫たち。私たちの生活においては卒業や異動、引っ越しなど別れの季節でもあり、来月から新しい生活に切り替わる人も多いことでしょう。春がもうすぐそこまでやってきました。寒さもあと一息です。元気な春を迎えましょう(^^♪
寒暖定まらぬ時期ですので、どうぞお体を大切に。




通所リハビリの壁紙です。
今回は、白い花が特徴的なコブシを作りました。コブシは野山を白い花で彩りサクラと共に春の訪れを告げる花木です。モクレンの仲間で庭木として栽培されるハクモクレンよりもコブシは花が小さく、開花時に花の下に小さな葉がつくので、簡単に区別することが出来ます。花びらにはレモンのような柑橘系の良い香りがあるそうです。花びらは、白い紙を丸く何枚も切って、下に4枚、手前の2枚はクルン♪と丸みを付けて貼り付けています。花の中心にある雄しべは黄色のお花紙を使っています。よく見ると、ひとつひとつ、違うんですよ~。季節を感じるお花は癒されますね(^_-)-☆




入所施設4階の壁紙です。
今回は、しだれ桜を作りました。しだれ桜は枝が柳の葉のように垂れ下がっている桜で独特な雰囲気があります。花言葉の一つが、『優美』。優美とは、上品でしとやかで美しいこと。素敵な言葉ですね~。それだけ桜が美しく、特別であるのだと感じますね~☆花びらは、ピンクのお花紙を四角に切り、中央をくるりとつまんで作っています。た~くさんの数の花びらを貼り付けて、立体的でとても見ごたえがあります。木の幹も細く長く丸めたものを使っていたり、いろいろな工夫がされています。入所の方々にも大変喜ばれています♪♪




2階リハビリ通路にひな人形を飾りました。3月3日はひな祭り。女の子のいるご家庭では、ひな人形を飾ったり、ご馳走も楽しみの一つですよね。ちらし寿司、はまぐりのお吸い物など美味しいものがたくさんです。ちらし寿司の具には長寿を表すエビ、将来の見通しがきくと言われるレンコン、まめに働けるようにと願いを込めた豆など縁起の良い食材がたくさんあります。子供の成長を祝う日にふさわしい料理なんですね(*^_^*)


ここからメニューへ ここからサブメニューへ