本文へジャンプ メニューへジャンプ

白寿の杜通信

お問い合わせ メールでのお問い合わせ

RUN伴2018香川大会へ参加しました。

RUN伴(ランとも)とは、認知症になっても安心して暮らせる地域づくりを目指して、
認知症の人もそうでない人も、みんなでタスキをつないで、日本を縦断するプロジェクトです。
認知症の人との出会うきっかけがなかったがために、認知症の人へのマイナスイメージを
持ってしまいがちな地域の人々も、喜びや達成感を共有することを通じて、認知症の人も地域で
伴に暮らす大切な隣人であることを実感できます。RUN伴(ランとも)は、そんなあらゆる人々の
出会いの場をデザインし、顔の見えるつながりを各地で生んでいます。
昨年、タスキは341市町村を通過し、応援者も含めると2万人以上の方が参加されたそうです。

今回、10/21(日)に開催された『RUN伴2018香川大会』に、リハビリの中川先生、湊先生、
通リハの森主任、島田さんの4名が参加しました。
みんなでお揃いのオレンジ色のTシャツを着て、JA香川県高瀬~11号線沿いのミニストップ豊中店、
ゆめタウン三豊などを通り、本山寺までの7.2Kmの距離を、給水タイムを取ったり、声を掛け合ったりと、
みんなで一緒に走りました♪たくさんの方々に声援を頂いて、ゴールした時は、気持ちいい汗をかき、
みんな素敵な笑顔でした(*^_^*)
本当にお疲れ様でした!!







ここからメニューへ ここからサブメニューへ